2018年1月6日土曜日

3日目 日中


リストバンドをゲットしてキャンプサイトに戻ります。
ここでとりあえずシャワーに行きました。シャワーは特に混んでいないし快適。使っていないけど、備え付けのシャンプーも付いているし。
テントに帰ってくると、J&Sの朝食「HUNGRY IN THE MORNING」が開店していました。結構人気でたくさんの人がマフィンを買っていったり、その場で食べていったり。人柄ですね。デッドヘッズのおばあちゃんとかも来ました。ちなみにアルコールもあります。テキーラとか。
お客さんが少なくなって一息つけるぐらいのタイミングでご相伴にあずかりました。ありがとう!Thank you!!美味しかった。ごちそうさま。



チーズたっぷりのマフィン。本当にうまい。

このあと、キャンプサイトでビールを買いつつ飲みながら読書>昼寝しようと思ったのですが、テントは暑くて寝られない。なので昨日と同じく日陰を探してひたすら寝てました。日陰だと風も程度にあって最高に気持ち良い。9月月初、コロラド最高!かなりの時間寝て過ごしました。

ここでDick'sキャンプサイトの充電事情。
キャンプサイトに充電コーナーがあるのですが、終始混んでいました。順番を待ってスマホ等がフル充電されるまでにはかなりの時間がかかるし、しかもその間その場を離れられない。まぁ、それでも良いのですが、今回はソーラー充電を活用しました。これは静岡のMさんからのレンタル。これでスマホ、スマホ用のバッテリー、wi-fiのルーターを毎日それぞれフル充電できました。
これによってリアルタイムでfacebookに投稿もできるし、わからないことは色々検索できて助かりました。 

この人数でもタップは結構いっぱい。
ソーラー充電はかなり使えますね。まぁ、日差しはかなり強いので。

 キャンプサイトでロットT(これをロットTと言っていいのか、これはキャンプサイトTなのだ。でもロットTと言った方がわかりやすいのでそう呼びます)を色違いを含めてお土産用に買いました。2017年の集大成のようなTシャツです。



このあと、夕方J&Sと一緒にリストバンドの優先入場の待機場所に移動して会場を待ちました。

2018年1月2日火曜日

キャンプサイトから会場まで

ここでキャンプサイトから会場までの道のりの動画を。
手ブレで酔いそうです。
まだ日中早い時間なので人はまばらです。

2018年1月1日月曜日

3日目朝 リストバンド






最終日のチケットはField。リストバンド(優先入場の権利)をもらうべく早朝から並ぶことにします。
J&Sに聞くと朝6時ぐらいから並ぶというので目覚ましを5時くらいにセットして寝ました。周りが静かになって熟睡に入ったぐらいで起床。もっと寝たかったけど気合いで起きました。静か〜なキャンプサイトから会場まで歩いていきます。

とりあえずMさんの地図を頼りに紫のところ(トレントンストリートとバレンシアストリートの交差点)までいってみます。が、誰も並んでいない。ちなみに、バレンシアストリートの通り沿いで野宿している人が数名(笑)。なんでここで?(笑)
どこに並ぶんだろうと思ってうろうろしているとM&Mが登場。おー、どこに並べば良いの?って一緒に探していたら、リアカーみたいなのを引っ張っているヒッピー風のおじさんが通り沿いにいるのを発見しました。どうもこのおじさんに自分の名前を申告して番号を予約するシステムのようです。手作り感が凄いダンボールに1から250ぐらいだったかな?番号が書いてあって、番号のところにそれぞれ名前が書いてあります。自分の名前を言って僕も名前を書いてもらいました。その番号を手の甲に書いてもらいます。


この後、今度は、Dick'sの正面のゲートの前に番号順に並びます。
おじさんに申告する番号は本人がいなくても大丈夫なのでグループの代表者が数人分番号を貰うのは可能ですが、リストバンドを貰う時間(朝9:00ぐらいだったかな)には本人がいないといけないというシステムなようです。 なので、リストバンドが配られるまでひたすらそのまま待ちます。






とにかくこの場所を離れるな、ということで、トイレに行こうとしたら、「ここにいないと権利を失うから、すぐ戻ってこい」と忠告してくれるミリガン。優しいなぁ。

寒いのでダウンを着込んでウトウトしたり、読書をしたり、周りの人と話したりして、無事リストバンドをゲットしました。手の甲の番号が149でリストバンドの番号が135。おじさんダンボールに名前は登録したけど列に並ばなかった人が結構いるということですね。



135番なのでレールは無理だけど、かなり前の方で見られることが確定しました。

 列に並んでいる時に、色々世話を焼いている(仕切っている?)、見るからに、PHISHベテランのお姉さんがいました。おじさんダンボールに、名前を書いていないのに列に並んでいる人とかには声をかけたりしていたので、てっきりオフィシャルの人だと思っていたのですが、ショウの時はレール付近で楽しんでいました。実はそのお姉さんはいちファンだったのかな。
PHISHの優先入場のリストバンドに関しては、場所場所でいろんなローカルルールがあるのでしょうけど、これはPhanが運営しているものなのかな?Phanがオフィシャルと交渉しているのでしょうかね?きっと、今までの積み重ねの上にリストバンド制度が成り立っているんでしょうね。

そんなわけで、夕方、番号順に並んで、GateAから入場。









2017年12月28日木曜日

2日目 会場中へ

ゲートFは真正面の入り口。結構並んでます。
2日目入場。
2日目のチケットはGA Stand。GA(自由席)ながらもFieldと比べると席が埋まってくるのは遅いので入場後ポスターの列に並びます。
これがポスターの列。物販の場所は1ヶ所しかなかったので、目測で数えた人数だと買えるはずなのですが、どうでしょう?ヴェガスの時はもうちょっとのところで売り切れちゃったからね。かなり早い進み具合です。10分くらいかな?並んだ後に自分の番がやってきました。ここで係りのおじさんに現金かカード払いかを聞かれます。それぞれ支払い方法によって違う列に並んで決済します。その後ポスターだけもらいます。「入れ物はもらえないのか?」と聞くとむこうで自分で入れるように言われる。支払方法を聞く人、決済する人、渡す人と流れ作業になっていて、ポスターを筒に入れる作業は自分たちにやらせることによってスムーズにポスターを販売していたのでした。なので、昨日も一瞬で売り切れていたんだな、と納得。

ということでポスターを無事ゲットできました。2日目だけだけどね。
ちなみにポスターは3日間とも違うデザインでした。

各1000枚。Ames Bros。
その後、Dick's内を散策。
スタジアムにしては、コンパクトな印象。東京ドームとか味の素スタジアムなんかよりは全然小さい。コロラド・ラピッズ という女子サッカーのホームグラウンド。サッカーの試合は18000人、コンサートは26000人収容。



ステージの後ろ

会場後数十分後。まだGAはまばらですがリストバンドの人たちを含めて良いポジションは埋まっています。


 今日はどこで見ようかなぁ〜と思いつつDick'sのスタンドを2周ぐらいしてたところ、前回Vegasのハロウィンのショウを見たあたりが全体も俯瞰できるし良いかなと思ってここにしました。



席に座って、ゆっくりIPAビールを堪能していると、右隣のグループ(全部で10人ぐいらのグループ)が話しかけてきました。「どっから来たの?」「日本から」「一人なの」「そう」「ショウのために」「そうだよ」「おー!すげぇ」「どこのモーテルに泊まってるの?」「キャンプサイトだよ」「すげぇ〜!」すると、周囲の友達に「おい!、こいつ、日本から一人で 来てキャンプしているらしいぜ!」と大声で(笑)。で、ハグとかハイタッチとかグータッチとかの嵐(笑)。なんか本当にアメリカのショウっぽい。日本から来ているだけでめずらしいしからね。こういう人たちを仲良くしていると、セットブレイクでトイレに行ったりビールを買いに行ったりする時に席をみてくれるし、ショウの間中いろんなものが回ってきます(笑)。

そうこうしているとだんだん日が暮れてきます。

かなり埋まってきています。もうちょっとで開演ですね。

始まる直前。日が暮れてきて盛り上がりますね。


2011年のゴージの時(8月あたま)はショウのスタートはほとんど昼間って感じでしたが、Dick's(9月あたま)は結構暮れてきます。なのでクロダの照明も最初から楽しめます。

Steam。やっとスモークが見られました。この曲好きなのね。

モクモク


ショウが終わって、お隣のお仲間には「明日も俺たちはここにいるから絶対こいよ!」「I try」「絶対だぞー!!」って熱い握手とハグを交わして退場しました。明日はFieldだから来ないけどね(笑)。この後、会場を後にとぼとぼとビールを買いにパーキングロットに向かったのですが、そこでまたこの一団と遭遇(笑)。「おー!お前は本当のPHISHファンだよー!明日も会おうぜ!!」とほんとに陽気なアメリカ人でした。

会場の外でビールを飲みつつ、途中のベンダーでハンバーガーを食べてからテントに戻りました。テントでは相変わらず大音量の音楽が隣で鳴っていてうるさい(笑)。仕事メールが会社ガラケーにいくつか届いたのですがあまりの疲労に返信できず。ごめん。バンテリンの代わりに湿布を貼って寝ました。


ここで突然ですが今回Dick'sで飲んだビールの写真を。








2017/09/02

SET1:Simple>Martin Monster>Reba,Sand,Crazy Sometimes>Limb By Limb>Wolfman's Brother,Walls of the Cave
SET2:Everything's Right>Fuego>Steam>Chalk Dust Torture>Mike's Song>Winterqueen>
What's the Use?>Weekapaug Groove,Slaves to the Traffic Light
ENCORE:The Lizards,Run Like an Antelope

2017年12月24日日曜日

2日目 日中

何時に起きたのかもう忘れてしまいましたが、起床後、まずはシャワーに行きました。
ゴージの時は3ドルだったと記憶しているのですが、ここでは無料。
さっぱりした後、キャンプサイトを散策しました。

サッカーコートをキャンプサイトとして解放してくれているのですが、全面芝生できれいで快適。キャンプサイトのオフィシャルの店鋪もあるのですが、キャンプサイトの中にもシェイクダウンが出来ています。J&Sの朝食マフィンもそうだけどメインの道にはいろんな物販がありました。

ポールの番号で位置関係がわかりやすい



ここはFree CondomとBeer(笑)。Beerを選択。





天気は最高に良いのですが、やはり日なたは暑い。特にテントの中は暑くていられません。なので、日中は日陰を探してそこで昼寝。適度な風もあり日陰は本当に快適でした。

ここで熟睡してたら、体調崩してぶっ倒れてるのかと思われたのか、ちゃんとテントで寝るようにと注意される。テントは暑くて寝られないんだって。

その近くで、分かりづらいのですが、ブルーシートの上に水とシャンプー?を撒いて、その上をヘッドスライディングしてちゅーって滑って遊ぶというのを数人の人たちがやり始めました。結構な水の量が必要なので、写真の右のほうの蛇口から運ぶのですが、ちょっとづつなので、かなり時間がかかっていました。そこにちょうどシャワーの給水車が通りかかりまして、遊んでいた人の中の一人が交渉して、なんと給水車の水をブルーシートにもらえることに(笑)。なんかアメリカっぽいなぁ、と笑ってしまいました。

 食べ物はオフィシャルのベンダーでタコス。10ドルぐらいだったかな?味は普通ですが、選択肢もそんなに多くないので。

16:00くらいかな?になるとロットのほうが盛り上がってきます。昨日行けなかったのでとりあえずキャンプサイトからパーキングロットに散歩に行って見ます。
 静岡チームのOちゃんとも待ち合わせしながらシェイクダウンを散策しました。
Oちゃんによると前回来た時よりも全然ベンダーも多いし人も多いとのこと。確かにDick'sは即ソールドアウトだったしね。個人的には空いてるDick'sの方が良いのだけどw。

キャンプサイトと比べて砂ぼこりがすごい。

ロットTも色々あります。


Oちゃんから昨日渡し忘れたというMさんの消しゴムハンコポストカードを受け取り、一旦テントへ。Sにポストカードを渡すとととても喜んでいました。
そのあと体制を整えてからふたたび会場へ向かいました。
消しゴムハンコで作るポストカード。素晴らしい。この飲みもの、飲むの忘れました。後ろのIPAはいっぱい飲んだけど。

 
キャンプサイトのリストバンド
キャンプサイトはコンパクトで過ごしやすかったです。ちょっとしたシェイクダウンもあり、飲んだり食べたりも困らないし、僕は使いませんでしたが、電源もあるのでスマホ等の充電も大丈夫だし快適でした。
また、会場へも近いので、 行ったり来たりもできてこの辺りも便利なところでした。
難点は①夜寒い②明け方までうるさい、といったところなので対策ができればより快適になると思います。