2017年10月13日金曜日

出発までの数週間前から成田空港

出発まで
出発の数週間前から、今回Dick’sに行く静岡チームのメンバーとLineグループで会話していました。このLineグループ、共通の友人であるMさんが間に入ってくれて作ってくれました。自己紹介の後いきなりBen&Jerry'sのFreezer RepriseTシャツのオーダー会からという結構なオタク具合でスタートした(笑)Lineグループですが、
そのTシャツ。Sありがとう!!
その後、Dick’sについての色々質問や、PHISHに関係ない会話まで大変楽しいLineグループになりました。現地でも待ち合わせ等に使うことができてかなり重宝でした。ここのみんなには結局アメリカでしか会っていない人たちばかりなのでまた今度ゆっくり話したいですね。一人旅の自分としてはアメリカで日本の友人がいるというのは気持ち的にも安心できました。

出発前日、Sからメールが届きました。DENVERには何時に着くのか?自分たちの隣のスペースを取っておくからというような内容。お礼を伝えながらも気持ち的に一気に盛り上がっていきました。

Sとのやりとりは主にFacebookのMessenger。色々親切にしてくれました。

出発当日
成田空港を17:10発だったのですが成田空港散策と食事&ビールをしてからと思い少し早めに家を出ました。家を出るとき重そうなバックパックをかかえたおっさんを見かねたのか(笑)、嫁さんが最寄り駅まで車で送ってくれました。

うちの前
京急を乗り継ぎ小雨の成田空港へ。
空港到着後は、まずwifiのルーターを取りに窓口へ。その後Unitedのカウンターでチェックイン。荷物を預けて空港内を散策。前回のベガスへは羽田空港から出発だったので実に6年ぶりに成田空港でした。
少し小雨。

フライトは17時なので結構早めに到着してます


10時間のフライトですが、いつも機内ではあまり寝られないので、今回は対策として搭乗前にある程度アルコールを体内に入れて搭乗することにしました。少し遅い昼食とビール。


成田空港にて
この後、搭乗口近辺のカフェ的なところでもビール。
これだけ飲めばぐっすり眠れるだろうということでもうすぐフライトです。
 お土産屋さんや本屋さんも色々見て回りました。食べるところはやはり充実していますね。ユニクロとか成田空港は楽しいですね。

 DENVER行きは日本人は少なかったです。PHISH Tシャツもいませんでした。隣のサンフランシスコ行きとかLA行きは日本人の方が多かったです。

なんだかんだでOn TimeのDENVER行き(ユナイテッド)の飛行機に乗り込みました。 

2017年10月6日金曜日

準備

PHISHのオフィシャルから4/6にチケットの当選メールが来たので、旅の準備をちょっとずつ始めました。

チケットのリクエストはBest Available(Floorのみ、Standのみも申し込める)なので3日間とも注文時は70ドル。しかし2日目はスタンドのチケットが当選したため55ドルに変更されている。キャンプは3日間で90ドル。デンバー市内のホテルに3泊してレンタカーするよりは全然安い。Service Fee32.75ドルが高い。トータル339.70ドル。
ライブは9/1-3の3 Night。通常なら前日に現地に入って翌日に初日を迎えるのですが、キャンプできるのが9/1の正午からで、前日入りだと別に宿をとらないといけなくなるので、時差ボケの中初日のライブを見ることになりますが、

<行き>9/1(金)成田出発>9/1 DENVER到着>Night1
    9/2(土)Night2
    9/3(日)Night3
<帰り>9/4(月)DENVER出発>9/5(火)成田到着
という3泊5日の日程で行くことにしました。

目指すはここ! Dick's Sporting Goods Park 通称ディックス

旅行の日程が決まったので次はエアーの手配です。
いつもお世話になっております、トラベル子ちゃん。

デンバー国際空港ですが、なんと成田から直行便があります。しかし、トラベル子ちゃんとかで検索していくと途中でトランジットしていけば直行便で往復するより数万円安くなるのがわかりました。
例えば:
①アメリカン航空 109,290円
行き:9/1 10:40成田>ダラス>9/1 13:44デンバー
帰り:9/4 6:20デンバー>ダラス>9/5 14:20成田

②ユナイテッド直行便 145,210円
行き:9/1 17:10成田>9/1 12:45デンバー
帰り:9/4 12:35デンバー>9/5 15:15成田


②直行便は当たり前ですが時間的な余裕があって、その分高い。
①のどこかでトランジットは、帰りのデンバー発が早朝になってしまうのは特にデメリットでした。しかもトランジットは色々なリスクがあるし。荷物が届かないとか。
ということで直行便に決定して、ユナイテッドのHPから直接航空券を買いました。このあたりの選択は人それぞれでしょうけど、40歳を超えてくると多少払っても楽な方を選ぶようになるものですね(笑)。座席は通路側を確保しました(これも大事だということがやっとわかりました)。

次はキャンプのギアです。
2011年にGorgeでキャンプインした時に使ったテントは非常に重くてかさばるテントとシュラフだったので、買いなおそうと思っていました。夏仕様なのでそんなに重厚でなくてブランドにこだわらなければそれなりに安くて丈夫なテントやシュラフがたくさん売っています。

今回のテント(6898円)
組み立ても簡単で楽でした。
シュラフ(1869円)
これはあったかかった。この値段とは思えない。

バックパック(6900円)
アマゾンセールで安くなっていたので。


今回はひとり旅で、しかもキャンプインで観光することもないので、読書と昼寝でショウまでの時間を過ごそうと思いました。時差ボケで夜寝てもすぐ起きてしまうので日中昼寝できたのはとても良かったです。読み始めるとすぐ眠くなるし(笑)。

コロラドの木陰でアリバイトリック

荷物
夜が寒いので長袖スウェットとヒートテック股引とダウンジャケット(オレンジ)は必須。日中の日差し対策のサンスクリーンとサングラスも必須。その他、レジャーシート(100円ショップ)、小さくなる水筒、懐中電灯、カメラ、タオル、ビーサン。

この中であえて書くなら
①ソーラー充電器 これも友人Mさんからお借りしました。今回の旅行で、スマホとwifiルーターの充電は必須でした。Dick'sのキャンプサイトには充電コーナーがありそこで充電すれば良いのですが、混んでいたのとその場所にずーといないといけなかったので、このソーラー充電器が大活躍でした。まぁ、電池をいっぱい持っていく方法もあったのですがね。これでスマホ本体とかバッテリーとか暇な日中にフル充電できました。

わかりにくいですがキャンプサイトの充電コーナー。日中はいつ見ても混んでいました。

手持ち扇風機
日中テントの中は蒸し風呂状態になるのですが、この扇風機を回すとそれなりに空気が回って涼しかった。


②いらなかったもの
・小さくなる水筒。これはすごく使ったので持っていって良かったのですが、かさばっても保温できる水筒の方がよかったかなぁと。1ドルのペットボトルの水はすぐぬるくなっちゃうからね。

・任天堂3DS 機内で遊ぼうと思ったのですが全く使わなかったです。

③持っていけば良かったもの
・まくら バックパックの外側にぶら下げていけば全然持っていけたかも。空港など結構持っている人結構いましたね。
・たためるリュックサック。これもあれば便利っていう程度かな。
 その他は思いつかないかなぁ。

行き方/注意事項他
PHISHのコンサートにほぼ毎年?かなww行っているMさん(Dick'sは2015年に行っている)に色々教えてもらいました。日本から行く静岡チームとかアメリカ人の友人も紹介してもらいました。この静岡チームとはLineのグループを、アメリカの友人J&S夫妻はFacebookのアドレスで紹介してくれました。これが後に非常に役立ち、旅がもっと楽しいものになりました。
このMさんが行く前に送ってくれた地図。もうドラクエの攻略本状態ww。パスポートとともに旅の間中、肌身離さず持ち歩きました(笑)。


また、サッカー目線(なでしこジャパン)からDick's Sporting Goods Parkへの行き方を丁寧に教えてくれるブログがあって参考にさせてもらいました。

http://blogfromamerica.com/?p=30733

これでだいたい出発からキャンプ、ショウのイメージできました。
6−7月は仕事的にとても忙しかったのですが、仕事の合間合間にDick'sへの行き方やアマゾンでテントやシュラフを調べたり、ちょっとづつ持ち物を準備したりするのは息抜きになって楽しかったです。

遠足は家に着くまでというのが校長先生の定番ですが、遠足前日におやつをスーパーで買ったり、旅のしおりをよみかえしたりとか、旅の準備は旅そのものに負けず劣らず楽しいですよね(笑)。

2017年9月28日木曜日

2017 Dick's はじめに

2014年にLas VegasのMGM Grand ArenaにPHISHのハロウィン・ランを見に行った後、コツコツとPHISH貯金を続けていました。しかし、なかなかアメリカに見に行くまでに気持ち的にも金銭的にも至っていませんでした。


2017年になってNew YorkのMadison Square Gardenで「Baker's Dozen(パン屋さんの1ダース)」という13日間連続公演の正式な発表がありました。パン屋さんの1ダースは12ではなくて、おまけがあって13ということで13日間のお祭りの発表でした。MSGはロック史上様々な名演が行われているヴェニューの一つであり、PHISHも95年からニューイヤーイヴのコンサートをたびたび行なっている地元なので、ここで見てみたいと思ったのです。しかしせっかく日本から行くにあたって、2万のキャパのMSGで上の方の席やステージの後ろで見るのはもったいないと思い、Floor onlyのチケットをPHISHのオフィシャルに申し込みました。が、結果全滅(笑)。しかしこの時点でもあまり気持ち的に盛り上がっておらず、当たらなくてホッとした(笑)感があったのも事実です。

今年の夏はBaker's Dozenだけかと思っていたらサマーツアーの追加が出ました。噂ではSFのBGCAで6日間っていうのもあったのですが、結局NY公演の前にシカゴ>デイトン>ピッツバーグ、NYでの13日間を挟んでお馴染みのLabor Day(労働者の日)にDick'sが発表(3/22)になりました。

PHISH – SUMMER 2017
Friday, July 14 – Chicago, IL – Huntington Bank Pavilion at Northerly Island
Saturday, July 15 – Chicago, IL – Huntington Bank Pavilion at Northerly Island
Sunday, July 16 – Chicago, IL – Huntington Bank Pavilion at Northerly Island
Tuesday, July 18 - Dayton, OH - Nutter Center
Wednesday, July 19 - Pittsburgh, PA – Petersen Events Center

THE BAKER'S DOZEN
Friday, July 21 – New York, NY – Madison Square Garden
Saturday, July 22 – New York, NY – Madison Square Garden
Sunday, July 23 – New York, NY – Madison Square Garden
Tuesday, July 25 – New York, NY – Madison Square Garden
Wednesday, July 26 – New York, NY – Madison Square Garden
Friday, July 28 – New York, NY – Madison Square Garden
Saturday, July 29 – New York, NY – Madison Square Garden
Sunday, July 30 – New York, NY – Madison Square Garden
Tuesday, August 1 – New York, NY – Madison Square Garden
Wednesday, August 2 – New York, NY – Madison Square Garden
Friday, August 4 – New York, NY – Madison Square Garden
Saturday, August 5 – New York, NY – Madison Square Garden
Sunday, August 6 – New York, NY – Madison Square Garden

LABOR DAY WEEKEND
Friday, September 1 – Commerce City, CO – Dick's Sporting Goods Park
Saturday, September 2 – Commerce City, CO – Dick's Sporting Goods Park
Sunday, September 3 – Commerce City, CO – Dick's Sporting Goods Park



 ちょうどその頃アメリカから友人が帰ってきてて、荻窪だったかな?のライブハウスでPHISHの話をしていた時に、この時点でNYのチケットは外れていてその他のサマーツアーに関しては発表前だったのですが、Labor DayのDick'sという選択肢もあるよね、とかなんとか、、、このあたりの会話が今回の旅の最初のきっかけになったのではないかと思います。

前回行ったベガスの時に、ベガスは観光とか買い物とかギャンブルとか色々楽しいことでいっぱいの場所なのですが、PHISHがメインの目的だった場合はあまりショッピングやスロットマシーンに気持ちが行かないということがわかったので、キャンプインでPHISH以外やることがない環境の方が自分にとっては理想的だと思いました。

というわけで、4/1にDick'sのチケットをPHISHのオフィシャルに申し込みました。
結果メールは4/6に来ました。
初日→GA Field、2日目→GA Stand、3日目→GA Fieldというなかなか理想的な感じで当選したのでした。


7/9にチケットが届きました。
チケットはキャンプサイトも含めて全てPTBMで確保できました。
PHISHのチケットはオフィシャルで申し込むとその会場ごとにデザインされたチケットが届きます。 これはPTBM(Phish Ticket By Mail)と言って、チケマスなど他のチケットと差別化されています。

これで9月にコマースシティのDick’sに行く準備は整いました。
あとは、パスポートやエアーの手配だけとなりました。

空港から見たデンバー。何もなし(笑)。










2015年2月12日木曜日

おわりに

おわりに
自分の年齢が40。PHISHのTrey Anastasioが50。もし、仕事リタイア後、PHISHを見に行こうと思ったら、Treyは70オーバー。バンドがそこまで続いているのか?また続いていたとして今の演奏をキープできているか?と思うと、多少の無理(仕事的にも家庭的にも金銭的にも)してでも行かなきゃなって思ったのが、今回の旅のきっかけでした。

同一会場3Night 7set 75曲 約10時間、大変満足な3日間でした。
今現在、30年のキャリアの中で何度目かのピークにある現在進行形のPHISHの演奏を(ハロウィンセットを含めて)聴くことが出来てほんとにラッキーだったと思います。
1999年、渋谷のIKOIKOでPHISHに出会って15年。次に観るPHISHがこれまでで最高になるように、今日からまたPHISH貯金だよ!



おみやげ
PHISHロゴのツアーT 大人用と子供用

べガスT 大人用と子供用

右:ボールペン、左:えんぴつ(シャーペンの代用)とえんぴつけずり(水色で)

ギラデリのチョコ
じゅんたのお土産は帰国後アマゾン様にて(笑)

スノードームを集めている人に触発されて(笑)

出発前のお土産リクエストメモ。ウォルマートで買わなくちゃいけなかったレインボールムの輪ゴム(嫁さんリクエスト)は、バスの感じがわからず断念(この旅最大のミス)。




2015年1月12日月曜日

BBFCFM

Phish.netのSong Historiesより
これは途中までですが。

******************

 Big Black Furry Creature from Mars
Gordon

ワンフレーズ、ワンコードの曲よりはかろうじて複雑なBBFCFMは3音で構成されている。そして、短い休止のあと、マイクの「なぜ、あなたは走る(っていく)の?」という質問のフォローをデスメタル的「怒り」で構成している。バンドはノイズの激しい攻撃の繰り返しで(「Cause you're a big black furry creature from Mars」)応答している。2回目の休止のあと、新たな攻撃の前に、フィッシュマンが(時にはかなり速く)「1-2-3-4」とカウントする。(4/18/92にはCameron McKinneyによってカウントされたし、4/8/94にはMini Fishmanがカウントした。)曲の最後の部分では、アタック/リフレインのセグメントが4回繰り返され、エンディングに繋がるスケールをより大きくしている。

「Creature」は時折、情緒的なパフォーマンスのあとに演奏される(11/9/87の「Divided Sky」または7/3/95の「Lizards」のあとのように)。ほとんどの「Creature」は、恐喝的なパフォーマンスであり、おそらく不満を表現しているのだろう。5/11/91のヴァージョンは特徴のないものになっている。

セットリストの位置づけは、またドラマティックである。ほとんどは2ndセットまたはアンコールで演奏され、最後の曲として存在する。1996年まで、トレイはギターやメガホンを振って走り回り、ドライアイスの霧とライトの洪水であった。

しかし、「Creature」はいつもドラマティックという訳ではなかった。しばしば、軽くなるのである。Steely Danに捧げた5/14/88や、トレイがスライドギターのようにビアボトルを使った6/6/96のように。

2015年1月8日木曜日

気になった曲などをいくつか

2014/10/31
Big Black Furry Creature from Mars
 まさかこの曲が聴けるとはね。始まった瞬間、「まじ??」って。
楽しすぎるでしょ〜!いや、ほんと!!最高!!!!
クロダの照明が半端ないっす。ありがとう〜!!



2014/11/1
Frankie Says
以外と演らない、地味な曲。


Twist
 イントロでこの前のLengthwiseのティーズ。となりの人がすげぇ盛り上がって何故かハイタッチ(笑)。このTwist、凄く良かったな。
動画はLengthwiseなのだが、この日は、だいたいこの辺で見てた。



2014/11/2
David Bowie
 2011年にゴージにPHISHを見に行った時、一緒に行った友達がブログでこのようなことを言ってた。

gorge2011-08-05

それを思い出しつつ、
俺も40なんだ〜って(笑)

2014年12月29日月曜日

3night 感想など


ハロウィンのステージセット


2014/10/31(金)
初日は3セット。始まったのが20時過ぎで、終わったのが1時過ぎ。もう正直このまま日本に帰っても良いな、というぐいらいの満腹感だった。あと2日間4セットもあるというのにね。それだけ、特別なショーだった。始まりから終わりまで踊りまくっていたので、疲労感もものすごかったかったけど。特に2ndセットは。2ndセットはね、もう、わけが分からなかったのだが、全曲、聞いたこと無い「変な」曲ばかりで(笑)、とにかく楽しかった。まわりの観客も、始まって最初は座って休憩してた人が多かったのだが、途中から、大盛り上がり。ほんと、わけが分からない楽しい時間だった。

それから3rdセット。これがまた良かった。3セットって良いね!!本編最後のSand->Tweezer Reprise。凄く良い。Tweezer Repriseはテープとライブとのギャップが大きい曲だと思う。ライブでは、クロダの照明もあって凄く盛り上がる。これは、前回のゴージの時に発見したことで、今回もTweezerを演ってくれてうれしかった。

2ndセットの最後。激写!

2014/11/1(土)
さてさて、昨日があんなに凄い仕掛けだったので、「昨日を超える事はないでしょ~」って感じで迎えた2日目。

 この日はGAにて鑑賞。PHISHに近いこともあるのだが、やはり、その音と照明をもろに受け止められるポジションだったから、今のPHISHの醍醐味を全て受け止めた感があった。

昨日はNEW ALBUM「FUEGO」からの曲は全く演奏してくれなかったのだが、この日は、いきなりタイトルナンバーFuegoからスタート。とにかく音の聴こえ方が昨日と全然違うぞ!特にLOWが凄まじく鳴ってる!!
このあとアンコールにいたるまで、「FUEGO」のナンバーを結構演奏してくれて満足だった。アンコールのWaiting All Night,Sing Monicaはうれしかったな。

平均的な演奏のBirds of The Featherが、Fishmanのドラム?きっかけの「They Attack!」で名演に変わったり(笑)、伝統のHood>Golgiとか、Twistとかも凄く良い。
Crosseyed and Painlessの「 Still Waiting〜」を大声で歌いながらおしっこするアメリカ人とか(笑)、開演前の自分の予想を良い意味で裏切られる良い演奏だった。

一番最後。左端からマイクスタンドが上がって来た時には思わず叫んじゃいました(笑)。アメリカ国歌をアカペラで。激写!


2014/11/2(日)
最後の日はとにかくYEM。スバラシイ演奏。来て良かった!!ほんとに。
最終日はこれだけ。





3日間のハロウィンランを終えて
3日とも、とにかく楽しいショーだった。初日はハロウィンのショーということで、特別感があったのだけれど、2日目のショーの間は「昨日より楽しい~!」だったし、3日目のYEMを聴いてる時は「これ以上の演奏あるかね?すげぇ~!!!!」って感じだった。現場で見てると、昨日より今日、今日より明日って思ってしまう。これがPHISHのショーの醍醐味なのでしょう。

真ん中の上の部分が取れてPHISHが現れた。昨年のNYEのように向かい合っての演奏。なんだかバンド!!!って感じがして感極まったです。

仮装してます

2日目。マイク!!

最終日。左後方から。