2017年12月6日水曜日

1日目、テントに戻って深夜



終演後




テントに戻ったのがおそらく深夜1:00くらい。

シャワーは営業終了、明日行くことに。
J&Sとは「ショウは楽しんだ?」「2nd setすごかったね〜」とか今日の感想をちょっとだけ話したのですが、体力の限界だったので早々にテントに引き上げました。

さて、。。。
テント設営の時から、僕のテントの隣のタープが溜まり場になっていて、いろんな人が入れかわり立ちかわり出入りしていました。音楽を流しながら飲んだり食べたり。昼間、そこの人がわざわざ僕のところまで来て、「日本から来たのか?なんでもあるから、いつでもこっちのテントに来いよ!」とか言ってくれていたのですが、深夜になっても大音量で音楽を流してパーティが行われていました。
これがまたかなりの音量で全然寝られない。あとでMに「耳栓持ってこなかったの?」って言われるし(笑)。今度行く時があったら耳栓はマストアイテムになりました。

周りはサッカーコートのナイター用のライトが点いたままなので明るく、灯りがなくてもテントの中で読書ができるぐらいでした。日常、寝る前に本を読む習慣なので、とりあえずイヤフォンを耳栓代わりに使いながら読書を始めたのですが、読み始めてすぐ、バシャ!と電気が消えましたww。多分2時ぐらいだったと思います。電気が消えた途端、ものすごいブーイング!オーとかアーとかブーとかww。というわけで合宿ではないけど、消灯時間となったので眠りに入りました。ただ隣の音楽がうるさいのと時差ボケとで、起きたり寝たりを繰り返していました。やっと朝5:00頃、隣の音楽が終わり静寂があたりを覆いました。この辺りで熟睡できたと思います。と言いながら、再び起きたのが7:00ぐらい、、、この辺りの時差ボケ具合は分かってもらえますかねぇ?

気温はかなり低かったのですが、テント内はPHISHトレーナーとシュラフでかなり暖かく、もっと寒かったらダウンを着れば良いし、装備としては完璧でした。
 また、寝るときにふくらはぎとか腰に湿布をして寝ました。これは、この旅の直前に錦糸町で某先輩と飲んだ時の話を教訓にしております。ショウが終わったあと、年を追うごとに足腰の疲労がひどくなってきています。せっかくアメリカまでショウを見にきているというのに腰が痛くて楽しめないのでは本末転倒ということで、キャンプと言いながらも体のケアーもしっかりしながら就寝です。

結局寝たのは数時間でした。
今回は「無理に寝ない」ということで、朝7時ぐらいに起きてシャワーを浴びに行ったのでした。

2017年11月30日木曜日

1日目 会場中へ

初日はGA Floor。
キャンプサイトでもろもろ体制を整えてから再び会場まで行きました。
J&Sは先に行ってるねということで別行動。
開場の1時間ぐらい前だけど結構な列ができています。入場のゲートは複数あり、どこから入っても良い。正面のゲートの列の後ろに並んで、チケットのバーコードスキャン>GA Floorのリストバンド装着>荷物チェック>金属探知機でボディーチェックを受けてようやく中へ。ポスターを買うか、良いポジションまでまっしぐらか、、、。一人なので、場所を取ってからグッズを買うことは難しいと思い、ポスターは無視してとりあえずFloorを目指します。
サッカーのスタジアムなので、地面は芝生なのですが、白のマット?のようなものが全体に敷かれています。




Floorはそれなりに混んでいるものの、ステージがちゃんと見られるポジションは確保できそうだったので、一応グッズ売り場に行ってみました。お目当のポスターは全く見当たらず、周囲をみても筒を持っている人も見かけなかったので本当に今回はポスターは販売されなかったと思ってしまうぐらいでした(即ソールドアウトだったようです)。

 戻ってみると、最初にいた場所近辺がまだ空いているようだったので、下の矢印のあたりに陣取ります。すると、僕の前に背が高くてがっしりしたアメリカ人がいて、「こいつのおかげで全然前が見えないぞ」と思いつつも、まあまあ前のポジションなので、そのまま開演を待っていました。開演まではまだ、だいぶ時間があったのですが、彼は、何かを吸引してしまったのか、座り始めたなぁと思っていたら、今度は横になっていびきをかきながら熟睡に入りました。この彼は開演した途端、急に立ち上がって豪快に踊りはじめたのですが、やはり気分が悪くなったのか、Too Badだったのでしょう、1曲目が終わると自ら退場して行きました(笑)。こうなったらダメだという典型的な人を見るにつけ、自分への戒めとしたのでありました(笑)。コロラドマジック!

そんなこんなで周囲に人と、日本から一人で来たよとか、なんの曲聴きたい?とかなんとか挨拶したり話したりしていると、だんだん暗くなって、20:00ごろ遂に1日目のショウがスタートしたのでした。


 クロダの照明は今まで見たことないリグになっていました。上下に動いたり体操選手の鉄棒のようにグルグル回ったりしていました(笑)。

 終演後の床。汚いのね。食べ物もビールもタバコもこぼし放題。この辺りは日本のスタジアムコンサートとは違います。下は芝生なのに大丈夫かなと思ってしまいました。以前味の素スタジアムだったかのフィールドに入った時は持ち込みは水のみでしたよ。
宙に舞っていたグロウスティックの山。当たると痛いんだよね。

 終演後の楽しみ①サッカーww。みんなよく体力あるよな。

 終演後の楽しみ②ロットの隣の道路でミニ演奏会。これは盛り上がっていた。

終演後、サッカー観戦しながらピザとビールを飲んで、テントまで戻りました。


2017/09/01
SET1:Blaze On,555,Breath and Burning,Theme From the Bottom>Free,Tube>Roggae>More
SET2:No Man In No Man's Land>Carini>Ghost>Harry Hood>Cavern
ENCORE:The Horse>Silent in the Morning>Character Zero

2017年11月20日月曜日

キャンプサイト

着いのがおそらく15:30くらい。すでにキャンプサイトはかなりの人でにぎわっていました。
綺麗で快適なキャンプサイト   
J&Sに、隣にテントをセットアップする場所を取っておいてもらうようにお願いしていたので、まずはJ&Sのテントを目指します。キャンプサイトは碁盤の目のように規則正しく区画整理されていてわかりやすい。これがゴージだと広いし、結構迷っちゃうのよね。ゴージとの大きな違いはオートキャンプかどうかってこと。もちろん車で来ている人はオートキャンプが楽だし便利だけど、キャンプするところはサッカーコートなので車は入れないということなんでしょうね。

Sからの画像付きメール。
非常にわかりやすい解説。
以下、Sから送られてきた画像と解説。
これの通りに進みます。
 キャンプサイトに到着したらメインロードをまっすぐ来てね。最後と最後から2番目のポールの間に右側に私たちのテントがあるからね。
 写真のLightsが目印だよ。

後ろに16のポールがあるよ。
JAPAN Letterのところにテントをセットアップせよ。
JAPANというのがうけますねww。
というわけで、Sからの的確な指示により無事到着しました。

今から考えると、メインロードのしかも一番最後のポールのところにテントとタープを設置しているので、人通りがあって物販にも良い場所で、会場にも近いベストな場所を確保しているということですね。

とりあえず、重いバックパックをJAPANの上に置いて、やっと到着を実感しました。うぉー!着いたぜぇーー!!ディーーーーックス!!!

 この時、J&Sは買い出しに行っていたみたいで不在でしたがちょっとして帰って来ました。ようやく会えてハグ&挨拶。この後3日間お世話になるJ&S夫妻とM&Mカップルに会えて感動でした。Jは早速テント張りを手伝ってくれました。やさしい。

一人用でかなりコンパクト。サッカー場の芝生の上なのでマットなしでも快適。
荷物と整理したり近隣の人たちに挨拶したりしていたら、J&Sが明日から営業する朝食のマフィンをご馳走してくれました。これ、ほんとにおいしかった!
その後、Sに頼んでいたベン&ジェリーズのTシャツを自分のを含めて4人分受け取ります。僕は、お土産CDをJに渡します。このCDは数日前に買っておいたLed Zeppelinの929(ブート)。ちなみに3CDで1000円(CDRではありません)。71年オーサカ。Zeppelinのほうのペイジが長年これのボード音源を探しています。

Ben&Jerry'sのPHISH NY 限定?Tシャツ。FREEZER REPRISE。日本からはオーダーできないのでSにお願いして購入。

バックプリント。Water Wheelのdonationを含む。$39.9 +送料$6。
 静岡チームのことも気になっていたので、「日本の友達に会いに行ってくるね」と言ってベン&ジェリーズのTシャツを持って会場を目指しました。 キャンプサイトから会場のメインの入り口までは徒歩10分ぐらいでしょうか。静岡チームのOちゃんとLineでやりとりしながらやっと会えました。会うまで若干手こずりましたが。。。Oちゃん、Sくん。あとLineではやりとりしていないけど静岡から来たカップルさん(09年のJone's BeachがPHISHのFirst Showだと言っていた)。お互いに無事たどり着けてよかった!
しかし、この時点でfrom Japanというよりfrom Shizuoka状態。すげぇな、静岡。Dick'sにここまでいますかね?(笑)みんなで一緒にパーキンロットをフラついたと思います、確か。この後Oちゃんから、MさんからのSへのお土産を受け取り一旦キャンプサイトに荷物を置きに戻りました。

とりあえず、今日はここまで。 

多分この辺りで静岡チームと会えたと思います。
デッドなBUS

2017年11月6日月曜日

デンバー国際空港からDick's Sporting Goods Parkへ


では今度はデンバー国際空港からいよいよDick's Sporting Goods Parkへ向かいます。
空港からDick'sまでの行き方ですが、交通機関としては以上の3つではないでしょうか。

①タクシー
②Uber
③電車>バス>徒歩

①のタクシー。空港から直接行ってもおそらく40〜50ドル。レンタカーしない人はタクシー移動が一番楽だと思います。また数人で料金をシェアできる場合はタクシーかUberが経済的ですよね。

②のUberですが、日本で言えば白タクですね。スマホ(アプリ)で現在地と目的地を入力するだけで一般車が現在地まで来てくれて送り届けてくれます。支払いはスマホで登録したクレジットカードで。これでDick'sまで行くと25〜30ドルぐらいとタクシーの半額ぐらい。これもアプリを入れるだけで出来るので楽。ただしアプリは日本で入れていかなければダメ。これは5月にD&Cを見に行った友人から教わりました。Uber絶対使えるし必ず日本でアプリを入れていけと。しかし、こんな時代が来たんですね〜(笑)。


③電車(Aライン)>バス>徒歩
今回の行きの選択肢はこの行き方にしました。なぜなら、料金が9ドルの電車バス一日券のみ。 これは全然安い。特に一人旅だとタクシーは割高。あと、せっかくなので乗り物に乗ってみたかったのもありました。

では、空港からDick'sに到着までを書いていきたいと思います。

入国審査の後荷物を受け取ってトレイを済ました後、早速電車の乗り場に向かいました。
国際線のゲートからずっとまっすぐ一番遠い出口を出てエスカレーターを下がるとすぐ電車のホームに出ました。

一番先の出口。エスカレーターを下がると電車のホーム。
電車は2016年4月に開通したようです。デンバー国際空港からダウンタウン(Union Station)を結ぶ鉄道。この途中のCentral Park駅がバスのハブステーションになっているのでそこからDick'sの最寄りのバスストップを目指します。要はDick'sは空港からDenverのダウンタウンの途中にあるということですね。

ホームに券売機があり、電車とバスの1日乗り放題券を購入。
早速電車に乗り込みました。扉は閉まっていますが、ボタンを押して自分で開けるパターン。
この電車とバスを乗り継いで空港からDick'sに行く行き方ですが、わりとメジャーな行き方だと個人的に思っていました。なので電車の車内はPHISH Tシャツの野郎であふれていると思っていたのですが、これが全然いない(笑)。この電車に乗っちゃえばあとはPHISH Tシャツについて行くつもりだったのに(笑)。

せっかく電車に乗ったので車窓からデンバーの風景でも楽しもうと思い外を見ていたのですが、行けども行けども、見事に何もない。あるのはハイウェイと地面(笑)。車内は綺麗で快適でしたけどね。
途中バックパックを背負ったLed Zeppelin Tシャツの若者が乗ってきたので、これは!と思ったのもつかの間、すぐ降りて行きました。ちょっとキャンプするにはバックパックが小さかったもんなぁ(笑)。

15分ほどでCentral Park駅に到着。とにかく、何もない(笑)。見事にバスターミナルしかないのでした。

Central Park駅
D1のバス停


バス停はD1。ここで88番のバスが来るのを待ちます。それにしても人もバスも全然いないし、PHISH的なものは皆無だし、なかなかバスも来ないし若干不安になってきますが、時間的には全然余裕があるので気持ち的にはあまり焦ってはいませんでした。この間、Sからメールで「今どこ?食料の買い出しに行って来るからついたらキャンプサイトのここまで来てね」という丁寧なメールが届きます(これについてはまた書きます)。「Central Park駅でバスを待っててDick'sにはまだ着いていない、もう少しかかりそう」とSには連絡。気にかけてくれています。Sからは「そこどこ?Dick'sに近い?」とかメールが来ていたので、やはりこの行き方はポピュラーではないようです。

そうこうしている間にバスが到着。88番系統。
バスの前に2台の自転車が固定できるようになっています。
 早速乗り込みます。陽気な黒人の運転者さんが全然聞き取れない英語で乗客に話しかけながら?次の運転者さんと交代しました。交代したのはアジア系の生真面目タイプの人。みんなちゃんと料金を払ったのか確認してから出発しました。

ここで降りる時のピンポンボタンが無いことに気づきました。どうやって降りるのか?全然わからないのだけど。。。とりあえず別の人が降りるのを観察するも、よく分からない。仕方ないのでiPhoneで検索。どうも紐みたいなのを引っ張るようだ。そういえば紐のような金属の棒?のようなものがありました。これか。引っ張ると正面の電光板に「Stop Requested」と表示されました。なるほど。降りる所は、Quebec StreetとE 56th Avenueの交差点。ビビりながら地図を見ながら降りるタイミングで紐を引っ張り無事下車しました。こんだけビビりながら降車合図を送ったのは小学生の時に初めて一人でバスに乗った時以来だよ!乗車時間は20分くらいだったか。

矢印の交差点を左折したところにバスストップ。


ここまでくればあとは徒歩でDick'sのキャンプサイトを目指します。
この交差点の近くにセブンイレブンがあるのでそこで少し買い出ししてから行こうと歩き始めました。するとセブンイレブンの隣にスーパーがあったのでそこによって若干の食料、水、ビールなどを買いました。
このあとたくさん飲むことになるIPA。これを買うのもIDを求められる。栓抜きを持って来ておいて助かりました。これがなかったら缶のバドワイザーになっていた。
 Dick'sまでの道のりはここから徒歩20分ぐらい。ひたすら歩きます。荷物は重いですが歩くのはあまり苦にならないのでどんどん歩いて行きます。途中Dick'sの看板とか気持ちが盛り上がります。
この看板を見るともうすぐだろうと思うでしょうが、ここから全然遠い(笑)。だいたい徒歩でDick'sにたどりつく人、いないよね(笑)。 歩くこと30分前後。Dick'sの敷地に着いてからキャンプサイトの入り口まで、歩くと10分くらいは絶対かかったと思います。

キャンプサイトの入り口。他の人たちが車で並んでいる列に、ひとり徒歩で並ぶ(笑)。キャンプのチケットを係りのお兄さんに見せて無事Dick'sキャンプサイトに到着したのでした。

2017年10月31日火曜日

千葉県成田ーコロラド州デンバー


今回はユナイテッドの直行便往復。行きは10時間、帰りは11時間。
行きも帰りも通路側を予約しました。通路側はやはり気持ち的に余裕がありますね。

ところでここで二人で行くときの裏技。
3人席をあえて間を空けて窓側と通路側を予約する。乗った時に真ん中の誰も来なかったらOK、真ん中に誰か来た場合は、真ん中から窓側への移動を断る人はまずいないので窓側と真ん中の席を交換する、というもの。今回は一人旅なので試せなかったですが、今度誰かと行く場合は試してみるのも良いかも。

ほぼほぼ出発の時間になっても僕が座っている3人席の窓側には誰も来ませんでした。真ん中席のアメリカ人に「隣、誰もいないの?ラッキーだねぇ」と言うと、彼は「来なかったら窓側の席にうつるよ、でも多分来るでしょう」とか会話してたら、最終搭乗って感じで日本人が乗ってきてしまったww。誰も来なかったら楽チンで席を広々使えたのですが、それでも窮屈さは感じませんでした。ただ、機内はやはり寒いのでトレーナーを着込んでブランケットを膝にかけていたのですが、それでもやはり寒かったです。

さてさて、機内では席についている映画やドラマを見て時間を潰す方も多いと思いますが、今回は、機内の映画は無視してタブレットにDLしたドラマと本で過ごしました。

LOST4まで来るとかなり佳境に入ってきますね。アマゾンプライム。
読書はタブレットにDLした何十年かぶりに読む「十角館の殺人」。
おっとびっくりのどんでん返しを機内で(笑)。
機内食は2回&アイスクリーム。飲み物はアルコールでもジュースでもなんでも可。
ここはビールを2回ほどもらいます(飲み過ぎだろw)。Japanese Beerと言うとスーパードライがもらえました。


チキン
10時間のフライトの間、あれだけビールを飲んだにもかかわらず(笑)熟睡はおそらく2時間くらいだったでしょうか。今回の旅では機内も現地でも寝られない時は無理に寝ないということで、後の時間はドラマを見たり読書をしたりして快適に過ごしました。

そうこうしている間にDenver International Airportに無事到着。定刻より若干早く着いた感じでした。と思ったら入国審査の準備(昼休み?)がまだということで機内で結局定刻までしばし待機となりました(笑)。

いつもアメリカに行くときはフライトの時間が長くて、特に東海岸へ13時間とか耐えられないと思っていたのですが、今回、直行便+通路側の席+アマゾンプライムはフライト時間がいつもより短く感じました。

待機ののち機内を降りると、早速Sから「Welcome to Denver」のメッセージが届きました。僕の到着の時間を伝えてあったのでその時間に合わせてわざわざメールを送ってくれたみたいで、テンションがあがりました。

デンバー国際空港の滑走路

その後、入国審査へ。
入国審査の前に機械に自分の情報を入れる作業があって、これが入国審査の代わりだと思っていたら、そうではなくていつもの怖いおじさんに「観光です」とか「4日間です」とか伝えてやっと(この時点で着陸から1時間ぐらい経過)外へ出られました。

入国審査の列で待ってる時、日本人3人組のグループが僕の前に並んでいたのですが、その人たちの会話から推察するに、自転車を持ってきていて、コロラドのどっかのロッジを拠点に自転車で回るという旅だったようで、なるほど、コロラドって確かにそういうことを楽しむところだよなって、改めて思いました。コンサートで来る奴は見受けられませんでしたね(笑)。

そんなこんなで入国審査、荷物受け取り後、アメリカに無事入国できました。
デンバー国際空港はコンパクトだけど綺麗でナイス空港でした。

Denver空港のRed Rock's Bar。目指すはRed Rock'sではなくDick's(笑)

2017年10月13日金曜日

出発までの数週間前から成田空港

出発まで
出発の数週間前から、今回Dick’sに行く静岡チームのメンバーとLineグループで会話していました。このLineグループ、共通の友人であるMさんが間に入ってくれて作ってくれました。自己紹介の後いきなりBen&Jerry'sのFreezer RepriseTシャツのオーダー会からという結構なオタク具合でスタートした(笑)Lineグループですが、
そのTシャツ。Sありがとう!!
その後、Dick’sについての色々質問や、PHISHに関係ない会話まで大変楽しいLineグループになりました。現地でも待ち合わせ等に使うことができてかなり重宝でした。ここのみんなには結局アメリカでしか会っていない人たちばかりなのでまた今度ゆっくり話したいですね。一人旅の自分としてはアメリカで日本の友人がいるというのは気持ち的にも安心できました。

出発前日、Sからメールが届きました。DENVERには何時に着くのか?自分たちの隣のスペースを取っておくからというような内容。お礼を伝えながらも気持ち的に一気に盛り上がっていきました。

Sとのやりとりは主にFacebookのMessenger。色々親切にしてくれました。

出発当日
成田空港を17:10発だったのですが成田空港散策と食事&ビールをしてからと思い少し早めに家を出ました。家を出るとき重そうなバックパックをかかえたおっさんを見かねたのか(笑)、嫁さんが最寄り駅まで車で送ってくれました。

うちの前
京急を乗り継ぎ小雨の成田空港へ。
空港到着後は、まずwifiのルーターを取りに窓口へ。その後Unitedのカウンターでチェックイン。荷物を預けて空港内を散策。前回のベガスへは羽田空港から出発だったので実に6年ぶりに成田空港でした。
少し小雨。

フライトは17時なので結構早めに到着してます


10時間のフライトですが、いつも機内ではあまり寝られないので、今回は対策として搭乗前にある程度アルコールを体内に入れて搭乗することにしました。少し遅い昼食とビール。


成田空港にて
この後、搭乗口近辺のカフェ的なところでもビール。
これだけ飲めばぐっすり眠れるだろうということでもうすぐフライトです。
 お土産屋さんや本屋さんも色々見て回りました。食べるところはやはり充実していますね。ユニクロとか成田空港は楽しいですね。

 DENVER行きは日本人は少なかったです。PHISH Tシャツもいませんでした。隣のサンフランシスコ行きとかLA行きは日本人の方が多かったです。

なんだかんだでOn TimeのDENVER行き(ユナイテッド)の飛行機に乗り込みました。